スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

古庄嘉門について

 古庄嘉門

 およそ波乱万丈の生涯といっても、古庄嘉門はど変転の多いものはそう多くあるまい。

彼は医家に生まれながら医者にはならず、木下簳村簳村門下の四天王の一人といわれながら学者にもならず、二度も国事犯人として獄につながれ、出れば高等裁判所の判事となり、退いては紫黶会をおこし、官にはいっては知事になり、時あっては第一高等学校校長となって令名をわせ、或は遠く台湾に渡って死中に暴徒を鎮撫した。その容貌はいわゆるグジャッペ、その辺幅は極めて無頓着、しかも

その思想は一貫して国家主義であった。彼を政治家というべきか、教育家というべきか、人おのおの見るところによって違うであろうが、私は、彼は志を国家におき、身を国事に託した志士であったにちがいない。

 

 彼は天保十一年(1840)十二月一日に熊本市歩古小路に生れた。十六歳の時から木下簳村塾に入ったが同門に竹添進一郎、井上毅。木村弦雄らがいて、この三人に彼を加えて四天王といった。藩主細川護久は彼の人物を愛して進一郎とともに用いて奥羽の偵察をさせた。

 やがて御一新の政令がしかれ、彼は河上彦斉、木村弦雄らと豊後鶴崎に派遣され、有終館をおこして国境の警修と青少年の訓育にあたっがが。明治三年山口藩の大楽源太郎らの変がおこって、大楽らが遁れて鶴崎に身を詰めたことから両社の関係をにらまれ、ついに

有終館は解散になり、彼らが熊本にひきあげてくると捕吏は彼らの家を襲い、河上、木村らは捕われの身となった。ただ一人嘉門は身を以てのがれたが、これは彼の妻のシカの気転によるものであった。彼の妻は木村弦雄の妹である。

                                                  豊水

 

 

徳富蘇峰について(神風連発生の地・肥後)

 

  徳富蘇峰が神風連のことについて記述したものから引用いたしました。

神風連発生の地・肥後

萩・秋月・思案橋等の事態と同時に、否な寧ろ(むしろ)その魁を作したる者は、
質に神風連の放棄である。
されば一通りの史眼では、之を同一事件として取扱うことが常識である。
されど一揆を拝して考察すれば、神風連は決して前原一誠などの風を開いて
起つものでもなければ、また、其の主張を同一にしたるものでもない。
但だ単に現政府に不平であり、不満であり、現政府と並び立たざる1點に於いて(うなずく)、

其の揆を同じうし、その為に彼等の間に相当の聯絡(連絡)はあったが、然も其の根本
思想に於いて、彼の神風連なるものは、其の独自一己(一人で)を有するものにして、
之を萩・秋月・思案橋等の尋常国事犯と、同一視す可きものではない。
その理由によりて、本文の記者は、特に之を他の連頻(連なった事態が引き続き起こること)とは
切り離し、之を特殊の事項として取扱うこととした。

 

 つまり、神風連の乱が起きたことは、現政府(当時の明治政府に反抗する)ことであり、また、彼らの根本精神とは

明治政府には、自分達のみで対抗するために決起を決めたことであるからして、外の乱のように誘われてするものではない。

と明記してあります。

もちろん、単なる宇気比で(ある種のうらない)決起を決めたものではない。

 

豊水

About Soho Tokutomi

After Tokutomi Suho debuted on the discussion board, he established Minyusha.
In addition, Rokka Tokutomi , who became famous for "unfaithful return", was a part of Minyusha,
Critics, historian Aizan Yamaji , historian and thought historian Yosaburo Takekosi ,
There were novelists, poets, and journalists Doppo Kunikida.
"Kokumin-no-tomo" promoted the modernization of Japan and criticized "Europeanism" promoted by the government,
Insisted on civilian radicalism.
On the other hand,
Philosophers who advocate national preservationism, critic Seturei Miyake, geologist Shigetaka Shiga ,
critic Katunan Kuga,
There was a political institution established by journalists and critics such as Riku Minami.
After that, “Kotomin-no-tomo” developed a movement to support the Daido unity movement from 1972 to 1822.
He also introduced socialist thought and played a progressive role.
Beside that, Soho Tokutomi  established a national newspaper company separately from Minyusha.
"Kokumin Shimbun" was launched, and since then, the third generation of Meiji, Taisho and Showa
Played the role of an opinion leader.
Furthermore,Soho Tokutomi  has published "National Chronicle Book",
"Family Magazine", and "Kokumin-no-tomo-English-club".
At that time,Soho Tokutomi  was not "obsessive unification" that caused conflict of interest and war,
 but selfishness, respect for others, and free interrogation
Preaching "optional no bond" based on.
In addition, Soho Tokutomi  has published "The Playful People to Read Books" in "Kotomin-no-yu" magazine when "Kokumin Shimbun" is published.
The local youth was insisted that business education should be provided to participate in production activities.

TOYOMIZU

徳富蘇峰について

 徳富蘇峰が論壇にデビューした後に民友社を設立いたしました。
また、民友社の中には後に『不如帰』で著名になった徳富蘆花、
評論家、歴史家の山路愛山、歴史学者・思想史家の竹越與三郎、
小説家、詩人、ジャーナリストの国木田独歩等がおりました。
『国民之友』は、日本の近代化を推進め、政府が推進する「欧化主義」を批判いたし、
平民的急進主義を主張しました。
それに対して、
国粋保存主義を主張する哲学者、評論家の三宅雪嶺、地理学者、評論家の志賀重昂、
ジャーナリスト・評論家の陸羯南等が設立した政教社がありました。
その後、『国民之友』は、明治21年から明治22年において、大同団結運動支援の運動を展開しました。
また、社会主義思想の紹介をいたし、進歩的な役割を果たしました。

その傍らに、徳富蘇峰は民友社とは別に国民新聞社を設立して
『國民新聞』を創刊し、以後、明治・大正・昭和の3代
にわたってのオピニオンリーダーの役目を果たしました。

さらに、徳富蘇峰は、『国民叢書』、『家庭雑誌』、『国民之友英文之部』を発行致しました。
その当時の徳富蘇峰は利害対立と戦争を生じる「強迫ノ統合」ではなく、自愛主義と他者尊重と自由尋問
を基本としている「随意ノ結合」を説いておりました。

また、徳富蘇峰は、『國民新聞』発刊にあたって、『国民之友』誌上に「書を読む遊民」を発表しており、
地方青年に、実業教育を施して生産活動に参画せしむるべきことを主張しておりました。

 豊水

有料老人ホームを選ぶ七つのポイント

JUGEMテーマ:日常

 

一番目には立地条件が良いことであり自宅に近い場所及び
入居者がこれまで生活していた土地の近い場所にあることです。

さらに、生活環境の利便性があり自然環境に長けてるのが良いと思われます。

あとは、経済的負担の事を考えれば、入居一時金が安価であり月額利用料金もそのようにあることです。

入居に当たっては、その居住性をおもうならば、勿論の事、スタッフの雰囲気と施設の設備と雰囲気が大切です。

かつ、入居後に医療のバックアップがある医療体制の充実した有料老人ホームを選ぶことです。

 

株式会社オフィスひかり野

About Soho Tokutomi

 Last time, Soho Tokutomi had visited  Itagaki retirement in Shikoku, he received a book of economics from former Tosa clan ,Tatui Baba, and he had
understood and understood what economy is.
From that point, he had been influenced by Tatui Baba to form a philosophical idea.
He had advocate of commonism is that Japan accepts Western civilization from the side of the general public, tolerates Western civilization itself,
and promotes modernization of Japan.
After that, in 1887, he published a self-published book, "New Japanese Youth".
At that time, the world was blessed with rich country militants, a draft army system, and the establishment of a parliament, but he was a way of
thinking about trying to change the future of Japan by calling for liberalism, egalitarianism, and pacifism. .
After that, he published "Future Japan" and visited the source of the Liberal Party's leader Taisuke Itagaki and made his debut in a discourse.
 

徳富蘇峰について

  

 前回は、四国の板垣退助のもとを訪れ元土佐藩士、馬場辰猪から経済学の本を貰い受け経済とは何かを知り、理解いたしました。

それからの蘇峰は、馬場辰猪の影響を受け平民主義の思想を形成して行きました。

蘇峰の唱える平民主義は、日本は、一般国民の側からの西洋文明を受け入れ、西洋文明自体を許容いたし日本の近代化を推し進めてゆこうとする考え方であります。

その後、明治18年には、自費出版本『新日本之青年』を出しました。

当時の世情は、富国強兵、徴兵制、国会開設に沸き立っていましたが、蘇峰は、自由主義、平等主義、平和主義を唱えて将来の日本の姿を変えてゆこうとする考え方でした。

その後、『将来の日本』を出版いたし自由党の党首である板垣退助のもとを訪れ、論壇にデビューしました。

 

豊水

情報化社会の現代

 

JUGEMテーマ:日常

  情報化社会の現代では、テレビ・新聞・本・井戸端会議・そして医療機関などからの情報で、運動不足・食べ過ぎ・肥満・喫煙・飲み過ぎ・精神や身体のストレスなどで成人病になり易いことを知らない人はあまりないと思います。観念としては生活改善の重要性は知っているのです。多くの人は「判っちゃいるけど止められない」的な状況だと思います。ちゃんと工夫努力している人も少なくありませんが。

これからが本論ですが、よく受ける質問を書けば十分だと思います。「私は甘いものも脂っこいものも余り採らないようにしているし、散歩も毎日やっています。主人は暴飲暴食で運動は全然しません。それなのに、私だけがコレステロール高いのはおかしいなあ?」これはちっともおかしくはなく個人差が大きいだけです。「コレステロールが高いと言われますが、以前は高くなかったですよ。生活は変わっていないのにおかしいなあ?」これも以前より歳を取ったからそうなってきたのでしょう。
 例えば、もともとかなり良いバランスの食事をしているのに、コレステロール値がかなり高いと指摘されるや、さらに食事をぎりぎりに制限しようとする人がおられます。私はよく「仙人みたいですね」と言っています。一般的に言っても、食事療法で改善されることは期待出来ますが、必ず正常値(基準値)になるとは保証されていません。運動療法も同じことです。つまり、この人の食生活が悪ければもっとコレステロールが高かったはずで、今の食事でも十分意味がある場合もあります。こういう場合に、どうしてもコレステロールを下げたければ、薬の服用を考えねばなりません。人生観などから薬が嫌ならコレステロールが高いことを甘んじて良いのだと思います。個々の人の運命は判りませんからどちらが正解かは判りません。ただ、大規模統計的研究などから医療の標準対応は前者ですから、こういう場合に医師に判断を依頼される場合は薬の使用を勧めることになろうかと思います。

 

 一方、もともとの生活習慣が不適当ならその改善から始めるのは医療の常識です。この場合、継続的にその効果をチェックして、データー改善が不十分な場合は生活改善度をさらに強化することが本当に出来るのか、それとも薬物の助けも借りる方が良いのかを冷静に判断するのが現実的な対応と思います。
                                         

About Soho Tokutomi

  I did not describe for a while about Soho Tokutomi, but last time he quit Doshisha University before leaving and returned to Kumamoto in his hometown, Ohe Gjyuku

I think that the talk was finished by the creation and the free citizen rights movement becoming popular.

At Ohe Gjyuku, the human resources who entrust to the young future gathered from the castle of wheat in Kagoshima Prefecture. He went to Miya no jyo from Kumamoto many times, and also from the castle of wheat, when the exchange with young people who came to Ohe Gjyuku was thriving

He had started holding a question.

It was about the economy, the Japanese at that time themselves had some wandering about the circulation of the economy, and the Japanese at the time had the tendency to handle any dirty things that dealing with money itself was. It can be said that this was the purpose of going to the castle of wheat.

About that, he visits the Itagaki retirement aid of Shikoku. Speaking of those questions to Taisuke Itagaki , Itagaki Hashiguchi's aides (Tatui Baba) give Tokutomi Soho a book that advocates one economic theory with that aide.

Calling it, Soho Tokutomi opens eyes. What kind of thing is, so to speak, money is a key player in the relationship between supply and demand.

To put it in a nutshell, in order to make a merchant ship, you first need a designer. After the kite, you have to buy the materials.

At that time, you will have an obligation to pay for the compensation. It is because he had felt that this is the basis of the economy.

  The story is different, but if you search for the oldest elementary school in Japan, it is written on the web that no elementary school in Kyoto is the oldest elementary school in Japan, but I think Miyano jyoh Lord 15th Hisaharu Shimadzu Kagoshima Prefecture I think it is the Eishin elementary school built in the castle of wheat.

 

                                                                               Yutaka

徳富蘇峰について

  徳富蘇峰についての事を暫く記述していませんでしたが、前回は彼が同志社大学を卒業まえに辞めて郷里の熊本に帰り大江義塾を

造り、自由民権運動が盛んになって来た事で話が終わっていたと思います。

その大江義塾に鹿児島県の麦の城から若き将来に託す人材が集まっきました。彼は、宮ノ城には、何回も熊本から行き、又、宮ノ城からも、大江義塾に来た若き青年たちとの交流が盛んになっていた折に

ある一つの疑問を抱き始めました。

それは、経済に関する事でした、当時の日本人自体には、経済の流通に関しては躊躇するものがありました、並びに当時の日本人はお金を扱うという事自体が何か汚いものでも扱うとう風潮がありました。それが、麦の城に行った目的だったとも言えましょう。

そのことについて、彼は、四国の板垣退助のもとを訪れます。板垣退助にそれらの疑問点を話すと、板垣退助の側近である馬場辰猪、がある一冊の経済論を唱えた書物を徳富蘇峰に与えます。

それを呼んで、徳富蘇峰は開眼します。どのような事かと申すと、いわば、需要と供給の関係にお金というのは重要な担い手である。

大きくいえば、当時、商船を作るのには、まず、設計士がいります。其の後、材料を買い集めなければなりません。

その時に、その対価に対して報酬を支払う義務が生じます。これが、経済の基であると痛感いたした次第であります。

 話は、それますが、日本で一番古い小学校を検索すれば、京都の何処小学校が日本一古い小学校だとウエブには書いてありますが、私は 宮之城島津家第15代島津久治が鹿児島県の宮ノ城に建立した盈進小学校だと思います。

                               民芸品 豊水