スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

オレンジカフェとは

JUGEMテーマ:日常

江戸時代初期に鍋島藩士 現在の佐賀県に
酒井田柿右衛門という陶工がこの赤絵磁気の色を夕日が沈む事にヒントをえて、
赤絵磁気の焼付けを成し遂げました。その後に、この赤絵磁気がヨーロッパ、海外に
に輸出され有名になりました。
オレンジ色が何ゆえに認知症サポータの色になったのには、
この赤絵磁気が有名になったように。
柿の色--------つまりオレンジ色が認知症サポーターの色として
世界中に認められるようにとの思いが込められているからです。
認知症サポーターとは、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲
で手助けすることを目的としています。
また、前述したようにオレンジの意味として認知症サポータの証しである、オレンジのリングを着けるようになりました。
同じくカフェの意味には人が集まり、新聞雑誌が読め、そこで情報交換をするという意味があります。
これらの事により、オレンジカフェと呼ばれるようになりました。

 

                   株式会社 オフィス ひかり野

 

 

スポンサーサイト

コメント